のりどきゅ*清楚なのりこのドキュメンタリー*

<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧




[み]なおしてきなさい

ついに電子書籍に手を出しました。のりこです

単行本を出されていない作家さんの作品が
電子書籍で配信されていたので、思い切ってトライ
電子書籍はなぁ…と思っていたのですが
安価で手軽、かさばらないと感じました
でもやっぱり、紙が好きです
上手く使い分けられればなぁと思います(・∀・)

そして、最近更新ペースが著しく落ちたことを
「セラムン新作が発表されたからでしょうか」と
心配して下さった方々ありがとうございます!
確かに、ノーマークだったキービジュアルが
思いの外、衝撃的でしたが全然大丈夫です☆
単に私生活がズッコンバッコン、いえいえ
ドッタンバッタンしているだけなので(笑)

今でこそ月5くらいで更新していますが、
前ブログでは半年更新がなかったこともw
これからもマイペースに気ままに清楚に
シコシコ更新していければと思います☆








弟・和星がラテンアメリカフェスに行った話





*お姉様にお土産を*





和星「ラテンアメリカフェスに行こうと思う」

の「お、ピニャコラーダが美味しいよ」

と、和星におススメドリンクを教えるのりこ
a0286519_22173052.jpg

こちらがそのピニャコラーダ


ラムベースにパイナップルジュースと
ココナッツミルク、砕いた氷を
一緒にシェイクするカクテルです

ちなみに名前の由来は、スペイン語
ピニャ=パイナップル コラーダ=濾す
とっても飲みやすいカクテルなのでおススメです♪


和星は「ふーん」と聞き流し、出掛けて行きました





和星「ただいま」

の「おかえりー」

和星「のりこが言ってたヤツ買ってきたぞ」

え?ピニャコラーダを???
ど、どうやって?????

困惑する中、
「ほれ」と手渡されたのがコチラ




a0286519_22183472.jpg

なんだコレ…!


まず色がすごい、色が!


の「…ピニャコラーダじゃないんだけど」

和星「え、おススメってピニャコラーダだっけ」

の「これは何ですか」

和星「チチャモラーダ

何かちょっと近いwww


ちなみに、チチャモラーダは
コチラが原料になっているそうです
a0286519_2220159.jpg

紫トウモロコシ


それなら黒に近い紫色にも納得です
味も意外と美味しかったです
a0286519_22204621.jpg

紫トウモロコシジュース「チチャモラーダ」
見掛けたら是非(笑)



でもピニャコラーダが好き!


参加中です↓


[PR]



by noripollo | 2014-05-26 00:00 | OL2年目編

[む]ね焦がす一筋の炎

毎月の楽しみ緒方恵美の晴天ヘキレキ!
に行って参りました★のりこです
a0286519_055716.jpg





*セイヘキラジオvol.16*





緒方恵美の晴天ヘキレキ!とは
略して「緒方恵美のセイヘキ!」
音泉×声優グラ×晴れ豆×緒方恵美の
コラボにより実現したマンスリートークラジオ!
※晴れ豆=豆風ライブハウス
毎月緒方さんのお仲間である豪華なゲストを迎え、
第二火曜日の夜20時開催、同時にニコ生で中継!
声優グランプリでもゲストコーナーが連載に!
(音泉【HPリンク】から抜粋一部改訂)


今回のゲストはシンガーの結城アイラさん
a0286519_014493.jpg

あまり存じ上げない方なのですが
のりこの中で結城アイラさんといえば、
ゲーム「いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!」
のグランドED主題歌を担当されたイメージ
緒方さんとの接点はそこなのかな…?
アイラさんはご自身のラジオ番組に、
緒方さんをゲストに呼んだことがあります♪
どんなお話しが聞けるか楽しみです!






まず会場では、ゲスト考案の豆料理や
緒方さんとゲストチョイスのドリンクを
購入して楽しむことができます(°∀°*)

しかし、のりこは仕事で遅刻してしまいました
遅刻してしまいました【号泣】
会場に入った時には既に収録が始まっていたため、
いつもの様に豆料理を食べられませんでした

本日の特別メニュー

a0286519_094067.jpg

アイラさんのスペシャルドリンクは限定20杯で、
緒方さんの楽曲でアイラさんも参加されている
「All Lovin’You」と健全なお野菜ソングである
「キッチン☆ロワイヤル」が由来です
揚げ出し豆腐は、なんとアイラさんのレシピ!
女子力の高さが伺えますね(°∀°*)
食べ逃したのが残念でなりません…





まず、会場だけのお楽しみである前説がスタート
勿論、遅刻したので聞き逃しました(´;ω;`)
きっと、お初の人に優しいトークや
アイラさんをゲストに呼んだ理由、
通常運転のちょい下トークでもされたのではと妄想

続いてゲスト登場前の緒方さんソロタイム
こちらの途中で、やっと会場入りができました
暗い場内で光に照らされた緒方さんが
投稿メールを読んでいる真っ最中だったのですが
「あれ、このメール…母のじゃん!」
そう、なんと今回のりこの母・ほのえさんは、
セイヘキで投稿デビューを果たしたのです!

前回のセイヘキで採用された、のりこの投稿が
母のことを書いた内容だったので、
本人にニコ生タイムシフトを聴かせたところ
「私も投稿してみたい!」と意欲的に(笑)
「作ったけど投稿方法が分からない!」ということで
のりこが代理投稿し、本当に送ったのでした

「アクセサリー箱を整理していると、
 幼稚園生の娘(のりこ)がやって来て、
 『あれが欲しい!これも欲しい!』と言ってきたので
 『ママが死んだら全部あなたのものになるから』
 となだめた所、目を輝かせた娘に
 『ママ、いつ死ぬの?』と言われました
 子供の純粋さは時に残酷ですね」

的な内容だったのですが、
代理送信の際に内容を見た時、
「のりこネタかよ!
 しかも、そんな小さい頃のこと記憶にないよ!」
とツッコミを入れずにはいられませんでした

更に、タイムシフトを視聴して分かったのですが
読まれた順番が、のりこ→母だったので
母娘の一生の思い出になりました(*´∇`*)
母の反応は、またセイヘキに投稿しようと思います

他には、緒方さんが投稿メールを受けて
「タケノコ畑を教えてくだされば掘りに行きますよ
 もちろん、バックからじゃないんで(微笑)」

とコメントされたのが印象的でしたw


ヘキエキ川柳では、今回ディレクターが新しく
筒井さんこと「つっつー」になられたということで
竹がカポーンというお馴染みのエフェクトが
ボドーーンッという大きな音になっており、
「ぼっとん便所で大をしたみたいな音だな」
1人とても汚いことを考えていたのりこでした





そして、ゲスト様が童謡を披露して下さるという
会場だけのお楽しみコーナーへ!
(※ニコ生では大人の事情で音声OFF)
「今日はスペシャルバージョンです」と緒方さん
すると、白いワンピースで現れたアイラさんが
会場左手のグランドピアノに移動
一方、全身を黒でキメた緒方さんは
会場右手の壁に設置された椅子へ移動
檀上でのアイラさんの白と
緒方さんの黒のクロスが美しく、印象的でした

披露して下さったのは「夕焼け小焼け」
アイラさんのピアノ弾き語りスペシャル!
リハの時にアイラさんのピアノがお上手だと知った
緒方さんが「本番で弾いてくれる可能性はある?」
聞いてみたところアイラさんが快諾され、
弾き語りが急遽決まったそうです
「弾き語りはマイクだけの時より安心します」
とのコメントに、流石プロの方だと感じました

乾杯後は、アイラさんのラジオの話や
ご自身のルーツや創作料理の話などを沢山伺い、
その会話の端々に計り知れない女子力を感じました


特に印象的だったのは、
アイラさんが実はソロライブ未経験だというお話
デビュー後から、とある事情で顔出しの機会を逃し
その流れでソロライブをしていなかったアイラさん
当時のジャケットは影やイラストだったそうです
それに対し、緒方さんが
「(シンガーは)昔よりセンスが良くなり、
 上手くなっているのは事実だがオートチューンで
 音程リズムを合わせることができる
 皆がやっている訳じゃないけれど、
 そういうのに頼りきっている人もいる
 それはそれで楽しければいいのだけれど、
 本当に歌が上手い人は聴くと震えるんだよね
 CDで聴くより生で聴いた方がゾクッとする
 生で、その時にしか出ない気持ちがあるからこそ
 『すごい』『また来たい』と思う。すごいよね

 そういう人はガンガンライブをやった方がいい」

とアイラさんに、貴女みたいな人は
どんどんライブをやるべきとアドバイスされました

それを聞いて、まさしく緒方さんのライブに、
初めて行った時に『すごい、また会いたい』と
強く思ったのを思い出しました

「アイラがソロライブをやるとすごいよね、
 7年分の溜まっているものが出るんだよ(微笑)」

とアイラさんがデビュー7年目ということに絡めて
シモも忘れない緒方さんw流石です!





後説では、声優グランプリのうっちーさん
突然「ピザ原価クイズ」を出題(笑)
ピタリと正解を言い当てるアイラさん
流石、女子力が高い方は違いますね!

その後はまたもやアイラさんのご厚意で、
放送中のアニメ「ブレイクブレイド(ブレブレ)」ED
「愛しき抗いよ、導け光へ」を披露!
この曲を作る時のこだわった点の1つとして、
聞いた人が「ブレブレの曲」と連想できるように
「ブレブレ」と聞こえるように作詞をしたとのこと
「でも、全然ブレブレに聞こえないんですよねー
 だから皆さんに、その箇所にさしかかったら
『ブレブレ』と一緒に歌って欲しい!」

というアイラさんの要望に応えるべく、
急遽会場全体でタイミングを練習しました

アイラさん「~♪ここです!」
会場「「「「「ブレブレ!」」」」」
アイラさん「そうです!もう1回やりましょう!」
と何回か練習しました(笑)
練習の甲斐もあり曲中では上手く合わせられました!
しかし、アイラさんが歌っている間、
楽屋に戻っていた緒方さんから
「皆の『こ、ここかな?大丈夫かな?』という緊張が
 楽屋まで伝わってきたよ(笑)」

と言われてしまいました\(^o^)/ブレブレw
参加型でとても楽しかったです!

そして、緒方さんによるゲストに因んだ歌は
宇宙戦艦ヤマトの「ヤマトより愛をこめて」
宇宙戦艦ヤマト2199のEDを
アイラさんが歌われているのと、
ゲーム版で緒方さんがミラ役を演じられたこと、
緒方さん自身ヤマトが大好きだということで
選曲されたそうです
a0286519_0141358.jpg

これがミラ


今、宇宙戦艦ヤマト2199の再放送を見ているのと
緒方さんのアニソンアルバム「アニメグ。」にも
収録されている曲なので、
まさか生でヤマトが聴けるとは…!

今宵も素敵な夜になりました





次回のゲストは監督・橋本裕之さん
来月はなんと、出張先から駆けつけます!
間に合いますように
vol.15レポ[リンク]
vol.17レポ[リンク]



参加中です↓


[PR]



by noripollo | 2014-05-25 00:15 | OL2年目編

[め]の前の荒ぶる魂

GW前半は、舞台を観に行きました。のりこです

a0286519_381675.jpg






*ARMsファイアボール・ブルース レポ*






ARMsとは(ざっくり)
演劇集団キャラメルボックスの真柴あずき(A)さん
同じくキャラメルボックスの坂口理恵(R)さん
声優・シンガーの緒方恵美 (M)さん
このお3方が立ち上げたユニットのこと
それぞれの頭文字をとってARMs(アームス)
リーディング・歌を中心にライブを展開しており、
今年は記念すべき結成5周年です!
(ARMs舞台チラシより一部抜粋改訂)


ファイアボール・ブルースとは
桐野夏生先生による小説
女子プロレス界きっての強者
「ファイアボール」火渡抄子(ひわたりしょうこ)
彼女に憧れ入門・付き人になったものの、
中々成績を残せない主人公・近田(ちかだ)は、
同期のアイドルレスラー・与謝野の活躍を前に、
自分のレスラーとしての限界が頭を掠める
そんな折、火渡が付き人を変えると言い出した
近田は、自分自身にどうケジメをつけるのか―
(ARMs舞台チラシより一部抜粋改訂)


欠かせないプロレスの試合シーンもあるそうですが
リーディングでプロレスをどのように表現するのか
Wキャストの主人公・近田、
火渡のために髪型を変え、体を鍛えた緒方さん、
観る前ですら気になるポイントを
挙げるとキリがないこの舞台!
一体どんな舞台になるのでしょうか





まず開演前に配布されたキャスト一覧
a0286519_384312.jpg

もちろん数役演じている方、声だけの方もいますが
こんなにズラリと並んでいると圧巻です!

舞台に立つのは女性オンリーですが、声出演で
プロレス団体の社長役をレスラーの菊タローさん
リングアナ役をタブリエ社長のやまけんさんが担当!
他にもキャラメルボックスの俳優さん、
女優さんが多数出演されていました




物語は、近田(榎本温子さん儀武ゆう子さん)が
プロレスバーに訪れるシーンから始まります
開店前でしたが、気を利かせ近田を招き入れ
開店までプロレスのDVDを流す店員さん
舞台はDVD、当時の火渡の試合シーンに―…

それに伴いスポットライトは舞台の後方、
中央に積み上げられた台へと当てられます
現れたのは真柴さん演じるレスラー・アロウと
そのセコンド達、そしてチャンピオンの火渡と
セコンドの近田・与謝野(清水愛さん

「火渡ィィィィィ~~~~~!」
アロウが火渡を挑発する声が響き渡ります
それに負けじと煽るアロウ側セコンド
全く動じない火渡にアロウがビンタをかまし
突如ゴングが鳴り試合がスタート!
※セコンドとは(Wikipedia先生より)
試合の付添人。汗を拭いたり、作戦を授けたりする


「ゴングが鳴らないと試合は始まらない」
プロレスに疎いのりこでも知っている常識ですが
それを一瞬で忘れ去ってしまうほど、
舞台の上で繰り広げられる光景は凄まじく、
既に試合が始まっているかの雰囲気でした

試合開始後の畳をかけるような台詞の数々、
一方での絶妙な間、技をかける体の動きや声、
技をかけられた時の苦しい表情や息遣い、
その全てに圧倒させられ、目が離せませんでした
しかし、普段テレビで格闘技を見ると
苦々しい、痛々しい顔をしてしまうのりこ
勿論このシーンでも、同じ表情で観戦していました
本物を見ている時と同じ表情を「させられた」
という表現の方が正しいと思います
舞台の上では、紛れもないプロレスの試合が
確かに繰り広げられていました

更に、舞台に設置されたマイクを巧みに使い
移動しながら行われた臨場感溢れる場外乱闘
もはやリーディングの粋を越えています!

セコンドが合間、合間に技や状況説明をするので
のりこのような初心者に十分配慮した演出も
正直、台詞の全ては理解できませんでしたが
雰囲気がバンバン伝わってきて興奮しました

個人的には、挑発のビンタをされた火渡が
乱れた髪を、首を振って元に戻し「来いよ」
逆に挑発し返す所にドキューンと撃ち抜かれました
火渡の纏う、チャンピオンの貫禄を感じるオーラ
近田が憧れるのも納得です!これは惚れる!!




アイドルレスラー与謝野への脅迫事件、
団体メンバーを掻き乱すリングネーム襲名事件、
与謝野がファンから貰ったブレスを盗難?事件など
盛り沢山な近田の日常に夢中になりました

そして、火渡が異例のカウントの早さにより
チャンピオンベルトを奪われてからの急展開―…
プロレスが好きなのに才能がないという現実を
容赦なく突き付けられ、更に「付き人を変える」と
大好きな火渡から告げられたことにより
突然、自分の全てを奪われそうになるという
人生の岐路に立たされ、初めて選択を迫られる近田

舞台上では場面と登場人物が変わるのですが
主人公の近田だけは出ずっぱりなので、
物語が進むと共に、真面目で、人が好くて、不器用
ひたむきで、まっすぐな近田の虜になっていました
だからこそ、もがき苦しむ姿、近田と火渡の試合、
プロレスを通じて選んだ彼女の道に涙が溢れました




のりこの中でWキャストといえば、
「ガラスの仮面」でのヘレンケラーなのですが
Wキャストの生舞台を観たのは初めてでした

同じシナリオ・台詞なのに、これ程違うとは…!
榎本さんは、静かさの中に熱い荒ぶる魂を持つ近田
儀武さんは、エネルギッシュな荒ぶる魂を持つ近田
特に印象的だったのは、近田が与謝野から間接的に
火渡の言葉を聞き、それを火渡に問い詰めるシーン

与謝野の言葉は本当なのか、
どうして自分には言ってくれなかったのか
それを榎本さんの近田は静かに、勇気を持って
戸惑いながら、恐れながら聞いていました
一方の儀武さんの近田は、泣きながら
あの火渡に声を荒げながら言葉を放っていました
顕著に2人の近田が現れていた場面だと思います

また、Wキャストの魅力はキャストが変わることで
それに対し、周りの演者達の演技も舞台の雰囲気も
ガラっと変わる所にあるのだと感じました


■緒方さん
女が惚れる女・火渡、まさにハマり役!
最前列で観た時に、目の前に火渡が来たのですが
格好良すぎて直視できませんでしたw
そして、エピソードを通じて垣間見えた火渡の姿
「リングでは関係ないだろ」
とキッパリとした的を得た発言をはじめ、
冷静で頭のキレる助言の数々、
一見クールですがリングに懸ける思いは
人一倍強くホットなのです
だからこそ火渡が格下の近田をリングにあげ、
言葉だけでなくプロレスを通じて、
大切にしているリング上で近田に伝えようとした
その熱い思いに荒ぶる魂を見ました

「その修羅場を自分が作ったであれ、
 他人に作られたものであれ、
 乗り越えなきゃいけないことには変わりない」

修羅場との向き合いを近田に語った言葉
胸にガツンときたのは、のりこだけではないはず
そして火渡にデコピンして欲しいと思ったのも
のりこだけではないはず(笑)

■坂口さん
一匹狼のヒールレスラー・白蛇、近田の祖父
瞬く間に疑惑のレフェリーとなったミッキーなど
個性的な人物を演じ分けられていた坂口さん
中でも、レズビアンバーの常連ユミさんは
白い羽ショールを首に巻いていたものの、
その激しいアドリブの動きに羽が一枚ヒラヒラと
宙を舞ってしまったのですが
咄嗟の判断でガシッと機敏な動きで羽を掴み
客席の笑いと視線を掴む姿は流石でした!

■真柴さん
レスラー・アロウ、近藤ママ、18歳の権藤
権藤は噂好きで汗臭いのに登場する度に
客席が「待ってました!」と視線を向けていたのは
真柴さんの権藤が魅力的だった証拠です
「キャハッ」

■清水さん
声優であり本物レスラーである清水さん
Tシャツの上からでも鍛えているのが分かる
可愛らしいのに逞しい体つきに、
実際に清水さんの試合を見たことが無いので
「本当にレスラーなのだ」と実感しました
そして、アイドルレスラーとして名を馳せ始め
脅迫や嫉妬をされながらも、負けずに
時にはズル賢く乗り越えていく与謝野
どこか憎めないのは清水さんが彼女を
魅力たっぷりに演じられたからだと感じました
自ら物販に立つ姿、可愛かったです

■幸田尚子さん
ヒールレスラー・北本、仮面レスラー・キメラ
バーのママなどなど沢山の役を演じられ、
長い手足で全身を使った演技が印象的でした
「多乱珠羅」を襲名した北本と
興奮した白蛇に首を絞められる三好が好き

■深谷由梨香さん
レスラー・難波、神林、与謝野ファンの中学生男子
プロレスファン・純子、数々の役を
性別年齢をもろともせず演じ分ける姿に釘付け
のりこ的には純子の印象が強いです




エンディングでは、場面の切り替えに流れていた
メインテーマ曲「hit man」を緒方さんが生披露!
「火渡がhit manを歌ってる…!」
前々から大好きだった曲ですが、
舞台のエンディングでの生歌は格別でした

アンコールは毎回、みんな笑顔の大爆笑!
「明日も来いよ!」と役が抜けない榎本さん、
紹介され「可愛いよー、ゆう子!」
自分で自分に声援を送る儀武さん(笑)
幸田さん、深谷さん紹介時は、演じられた役が多く
「北本、えー」
「キメラ」
「キメラ、えー」
「三好」
「三好!」
と真柴さんが紹介する前に、まるでコントのように
ご本人がクイズの解答者になっていましたw




a0286519_312645.jpg

読み応えのあるパンフとチラシ


好きで仕方がないこと、やりたいけれど
自分ができることとソレが違うという残酷な現実
正しい答えなどない自分の道に、どう向き合うのか
熱くなりながら、色々考えさせられる舞台でした

薄暗いステージには最後に、会場名の由来である
大きくて美しい満月が映し出され
その光を見た時に、ふと満月には狼男への変身や
人を興奮させる力があるのを思い出しました
キャスト陣が全力をぶつけたステージ、
そこに見た数々の荒ぶる魂
観劇した自分の魂も刺激され揺さぶられ荒ぶる、
そんな舞台にふさわしい満月でした


再演希望!

参加中です↓


[PR]



by noripollo | 2014-05-11 03:12 | OL2年目編

元ブログリ「腐女子ちきん」清楚なオフィスレディのブログ。◆ツイ@noripoll0◆メールnoripollo@hotmail.co.jp
by 八王子のりこ
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

応援中!

◆緒方恵美さん◆
a0286519_233218100.jpg

◆ラジオヘンステ◆
ヘンステって何?[公式リンク]
クリックで聴けます↓
    a0286519_0305477.jpg

ブログパーツ

ブログジャンル

最新の記事

[の]うこうライブトーク★
at 2014-09-23 19:24
[は]ぴねすちゃーじ!
at 2014-08-04 01:58
[ひ]るがえしマント
at 2014-08-02 15:38
[ふ]ふふ、もふもふ
at 2014-07-11 03:10
[へ]ラヘラ笑いながら それ..
at 2014-06-22 23:22
[ほ]てる火照る
at 2014-06-21 18:46
[ま]けない!あしたへセーラ..
at 2014-06-03 01:23
[み]なおしてきなさい
at 2014-05-26 00:00
[む]ね焦がす一筋の炎
at 2014-05-25 00:15
[め]の前の荒ぶる魂
at 2014-05-11 03:12